いつか雨は上がる

経験したお出かけ情報や、過去の不妊治療のこと、親が英語が苦手の子供のオンライン英会話の成果について記していきたいと思います。

体外受精・顕微授精の費用 

f:id:kokodayokounotori:20180312115056j:plain

 体外受精・顕微授精の費用

 

今回私が治療したのは 採卵した個数に対し体外受精・顕微授精を半分づつ行うことになった。

シーン別に分けて費用を記載しています。

 

体外受精・顕微授精の費用

 

診察・注射・処方箋費用(説明会~採卵前まで)
48,810円

 

採卵費用(10個)
230,880円

 

移植費用
52,680円

 

凍結・保存費用(2個)
81,480円

 

診察・注射・処方箋費用(移植~判定日まで)
11,180円

妊娠診断費用
2,100円

 

合計427,130円

 

費用の考え方


もし、採卵が何らかの理由で(卵が育たない等)できない場合は
48,810円分は費用が掛かるということになります。
そしてまた、はじめからやり直しになります。

 

 

採卵までしたけれども、胚移植できる卵が育たなかった場合は

診察・注射・処方箋費用 + 採卵費用(10個)になるので


279,690円は費用が掛かることになります。
そしてはじめから・・・。

 

凍結できる胚がなかった場合はマイナス81,480円

 

そういったリスクがあるのを覚悟の上で体外受精・顕微授精に挑まなければいけません。

 

何度挑戦できるのか、よく相談しないといけないところです。

 

上の費用はもちろん、私が通院しているところの金額であって、

もっと高いかもしれないし、低いかもしれないので参考程度にしておいてください。

 

体外受精や顕微授精を考えている人の費用の参考にしていただければと思い

シーン別に分けました。


私自身も、ステップアップするとき検索魔と化しました。

 

でも、費用の合計や日々の費用は記載してあっても、私がステップアップを始めるにあたっての知りたいシーン別費用はあまり見かけなかったので記載しておきます。

 

私たちの場合、一人目が人工授精で生まれたので、

二人目も人工授精でできるのではないかと、期待が捨てきれなくて、

結局、お金と時間を費やしてしまいました。

 

どうしてもステップアップする気持ちになれなかったのです。

先生が幾度となくステップアップのことを勧めてくれました。

 

その時に夫と話し合いはしましたが、そんなにお金をかけなくても大丈夫だろうと

そう考えてしまったのです。

 

お金も後になれば、結局体外受精した方が早かったのに。

と、思えますし、

時間をかけて…というか人工授精を続けている間に年齢も上がるので、

そこまで人工授精にこだわらなくても良かったのにと、あとになって思うのです。

 

もちろん、『後になって』なのでその時は何も思えないのです。

年齢のこともあるので早めにステップアップするという選択も必要になってきます。

 

体外受精・顕微授精の説明の過去日記の記事はこちら

www.kokodayok.com

 

プライバシーポリシー