いつか雨は上がる

経験したお出かけ情報や、過去の不妊治療のこと、親が英語が苦手の子供のオンライン英会話の成果について記していきたいと思います。

読み聞かせにおすすめ 子供に知っておいてほしいおはなし 4才5才~

f:id:kokodayokounotori:20180417100553j:plain

読み聞かせにおすすめ 子どもに知っておいてほしいおはなし

赤ちゃん向けではありませんが、子供に知っておいてほしいおはなしです。

私が好きな絵本で、どれも有名です。

なので、いろんな出版社から同じ本はたくさんでています。

 

そのなかで柔らかい絵の

いもとようこさんが描いた絵本を買っています。

 

読み聞かせおすすめ本のタイトル

 

・ないた赤おに

・てぶくろをかいに

・ごんぎつね

 

ないた赤おに以外は新見南吉が書いた作品です。

どれも私が子供の頃、内容に衝撃を受けた作品です。

 

そしてとても考えさせられる内容でもあります。

子供によっては4才から話が分かると思います。

 

うちの子は6歳くらいでやっと理解しました。

同じ年の甥っ子は意味を理解していました。

なので様子を見ながらお話を聞かせてあげてほしいと思います。

 

・ないた赤おに

 

これも大変有名なお話です。

もし、知らないのであれば大人でも是非一度読んでほしい本です。

悲しくて泣けてしまいます。

 

本の内容

赤おには村の人たちと仲良くなりたいとても心の優しい鬼です。

でも、村人は鬼はおっかないと思っています。

赤おにの友達の青鬼と、芝居をうって村人に赤おには優しい鬼だとわからせます。

そして赤おには、村人と仲良くすることができるのですが・・・

 

本当のほんとうの友情のお話です。

赤おには何を大事にするべきだったのでしょうか?

とても考えさせられるお話です。

 

 

 ・てぶくろをかいに

これは私が小学校の時に国語の教科書で読みました。

子どもの時に感じたのは、子ぎつねの冒険と不思議な魔法の手、子ぎつねに人間は優しいってことがわかってよかった。

と、思っていました。

この本が伝えたいこととはちがうのですが、それでも大好きでした。

 

本の内容

雪が積もったある日、子ぎつねの手が冷たいのでてぶくろを買いに母親と町に出かけます。

母親は街の明かりが見えたとたん、過去に恐ろしい目にあったことを思いだし、足がすくんで動けなくなります。

そこで子ぎつねだけで手袋を買いにいくのですが、お母さんが片方の手に魔法をかけて人間の手で買い物をするように言うのですが、子ぎつねは間違えて本当の、狐の手を出してしまいます…。

 新見南吉の、表現の仕方がとてもやさしいくて好きです。

そして、物語の中の優しさの中に、厳しさがあることを教えてくれます。

私の子供の頃、この本を読んで思ったのように、人間はやさしい

そう思っていいのでしょうか?

と考えさせられるお話です。

 

・ごんぎつね

このお話は、現代の私たちには少し読みづらいかもしれません。

始めのうちは、子供に理解できるように言葉をかえながらお話をして、物語のあらすじがわかったところで、通常の本通りに読み聞かせました。

 

本の内容

きつねのごんは、いたずらもので兵十(ひょうじゅう)が川で捕ったウナギを

いたずらして逃がしてしまいます。

その後兵十の家では葬式をしていました。

ごんは申し訳ない気持ちになって、自分と同じように一人になった兵十に

お詫びもこめて色々な食べ物をそっと家に運ぶのでした。

兵十は誰がそんなことをするのか不思議でたまりません。

そんなある日、兵十はいたずらもののごんを自分の家でみかけます…そして・・・

 とても悲しい結末ですが、ごんはどうしたらよかったのか、

そういったことを考えることが出来る物語です。

ただただ、悲しい物語として読むのではなく、子供と一緒になって

本について話すことができる、とても大事な本だと思います。

 

 

この三冊は、私が大人になって知ったわけではなく、子供の頃に読んだ本です。

 

どうしても、子供に知っておいてほしい内容だったので大人になった今、子供に読み聞かせをしています。

 

どれも少し長いですが、とても引き込まれる本なので子どもはじっと聞いています。

どれも、とても考えさせられる内容なので、小さいころ読み聞かせで聞いた感想と、少し大きくなってから読んだときの感想がまた変わってきていると思います。

いつまでも大事にしておきたい物語です。

 

是非読んでみてください。

 

4才におすすめのおもちゃ

www.kokodayok.com

 

小さい子におすすめの本はこちら

www.kokodayok.com

 

プライバシーポリシー