いつか雨は上がる

経験したお出かけ情報や、過去の不妊治療のこと、親が英語が苦手の子供のオンライン英会話の成果について記していきたいと思います。

 鉄棒 逆上がり できない理由 練習方法

逆上がり できない理由 練習方法

 

 

今回も長男情報で……。

運動音痴の長男が体操教室に入りながらも逆上がりだけはできなくて、苦労しました。

逆上がりができるようになったのは年長の終わりになってからです。

 

長男は運動音痴です。

水が顔にかかるのが嫌いだから水遊び大嫌い。

ゴーグルがある水泳の方がまだマシ。

自転車乗れない

縄跳びできない

鉄棒できない

頑張りたくない

ただ

サッカーは好き(上手くないけど)

 

ちなみに小学校入ってから、100m走クラスで1番遅かったらしいです。

クラスでというと女子も交えての話です。

残念…。

 

それでも『できない』は親が何とかしたら『できる』になる!!

 

■水泳は無理やり習わせました。今はクロールができます。

www.kokodayok.com

■自転車はほぼ1年越し(下手すると2年越し)で教えました。

なんとか乗れるようになりました。本当に大変でした。

■縄跳びも年長で跳べるようになりました

■鉄棒も逆上がりができるようになりました。

 

逆上がりができない理由

・筋肉(チカラ)がない

 

これが一番です。

 

これに尽きます。

しかも長男に限ってはなぜか手を鉄棒から放してしまい落ちるという不思議現象が。

なぜ手を放す??(手を放してはいけないと注意しています)

 

さかさまになるのがびっくりしてしまうからなのか?

この辺に関しては本当に解明できませんが、彼は本当に何度も鉄棒から落ちています。

 

練習は本当に大事なので、室内鉄棒買いました。

本当にそれくらいしないとできないんです。

ちょうど楽天半額セールで買うことが出来ました!

 

 

介護もしていたのでいつでも公園へ連れて行くことが出来る環境ではありませんでした。

 

子どもの正面に私が立って、こどもが足で私をのぼりながらクルンとする。

逆上がり補助器具みたいな要領です。

 

それを繰り返す。

 

それでも、この練習法は逆上がりができるようにはなりませんでした。

なぜなら力がいらないから。

 

長男に関しては、さかさまになる感覚をつかむにはいい練習でした。

手を離さないようになりました。

 

足を振り子のようにしてやってみてもダメでした。 

 

色々試しましたが、結局はチカラだったのです。

 

練習方法

 

無駄に練習してもしょうがないので、鼻が鉄棒にあたるように腕を曲げたままぶらさがります。

 

ゆっくり数えて4、5秒くらいできるようになってから

逆上がりの練習をしました。

 

鼻が鉄棒にあたったまま体をぶら下げるには、腕の力がいります。

鼻から棒が離れてしまってはいけません。

 

これを何度も繰り返して腕の筋肉をつけました。

 

逆上がりができない理由として、くるんと回るときに、腕が伸びてしまっていること

これがいけないのです。

 

グッと腕を曲げていられればくるんと回ることが出来ます。

腕を曲げていられる、

それが、鉄棒を鼻につけて4,5秒ゆっくりと数える。

 

うちの子はウヒョウヒョ言いながらやっていましたが、毎日のようにやっていたところある日クルンとできました。

 

鉄棒を鼻につけたまま4,5秒ができるようになったら、逆上がりをするときに、必ず子供に腕を曲げたままやることを伝えてください。

 

クルン!とできてしまいます。

しかも勢いをつけなくても、腕のチカラだけでスルっとできてしまいます。

 

腕の力をつけるために腕立て伏せも過酷なので、親が子供の足を持って、腕で歩かせるととても喜ぶので、疲れるまでやります。

そのようにして遊びながら腕の力をつけていきます。

 

この力がついたらできるまでが早かったです。

このやり方がわかってから、下の子は4才で逆上がりできました。

 

是非試してみてください。

 

自転車は本当に苦労したので、まだ下の子とかがいて小さい子ならば

是非ストライダーをおすすめします

www.kokodayok.com

 

 

プライバシーポリシー