いつか雨は上がる

経験したお出かけ情報や、過去の不妊治療のこと、親が英語が苦手の子供のオンライン英会話の成果について記していきたいと思います。

横向きの親知らずを抜くことに!抜いた穴がふさがらない!!

f:id:kokodayokounotori:20180515093047j:plain

親知らずとは

大人の奥歯で一番後ろに生えている歯になります。

通常10代から20代にこの歯が生えてくるので『親が知らないうちに生える』ということで一般的に「親知らず」と言われるようになりました。

 

ただ、正しくは奥歯は左右上下3本づつが正しいのですが、

まれにこの親知らずが生えてこない人もいます。

 

そして、わたしも4本とも生えてきていませんでした。

でもこれは隠れていただけで、レントゲンを撮ると親知らずがしっかり写っていました。

そして、この話は、右下奥歯の親知らずが横向きに生えてきた時の話です。

 

 

親知らずを抜くことに!

右の奥歯がなんだか痛くなって鏡をのぞくとなんだか一番おくの歯茎からグレーのような何がが見えた。(歯茎からちらっと見えるのでグレーに見えました)

 

育児も、介護もあるししばらくの間放置。

父の介護が大変になって世話するのが厳しくなったので介護申請の見直しをしてもらったところ介護5になっていたので、ショートステイをお願いするようになりました。

 

それによって少し手が空いたので下の子当時2才がいましたが、

トイレも行けるようになっていたので母に少しお願いをして(母は難病なので子供の世話もできない)歯医者に行ってききました。

 

どうも親知らずが横向きに生えてきたらしい。

レントゲンを撮ると4本ともあるらしくしかも全部横向きなんだとか。

 

けれども歯が出てきて他の歯に悪さをしているのは右奥歯の親知らずだけだったので

この1本を抜くことになりました。

 

ただ、横向きで特殊なので口腔外科に紹介状を書いてもらいそこで抜くことになりました。

 

抜くのは1本。

2本以上になれば全身麻酔で一気にぬいて1泊の入院をするとのこと。

 

この際他の歯も抜いてもらった方が楽なんじゃないかと思いましたが、

このまま何も起こらずそのまま。ということもあるというので、やはり1本だけ抜いてもらうことにしました。

 

親知らずを抜くときのリスク

 

抜くときの注意としては抜歯をするところの近くに神経が通っているので

万が一そこを傷つけてしまう場合があるということ。

 

実は近所の人が、親知らずを抜いたことによって神経を傷つけられて大変になっているということを聞いたばかりで、しかも同じ病院で抜歯をするもんだからドキドキしていました。

 

ただ、こういったリスクがあるということも説明を受けましたし、サインをしないと抜歯もできないので、リスクがあるうえで抜歯に臨まなければなりません。

 

 

抜いた後 穴がふさがらない!!

 

親知らずが横向きだということで、歯をいくつかに砕いてから抜く方法になりました。

 

抜いた後、激痛で食事がとれなくなったので、これは痩せれる!!と

いい方向へ考えました。

 

痛みは半端ないです。

痛み止めを飲んだりと対処はしてもそれ以上にもうもだえるほどの痛みでした。

秋または冬くらいで、なんの予定もイベントもない時にしないと大変です。

 

その後。

痛みが引いた後 歯を抜いたところにポケットができて

そこに食べかすが詰まる詰まる…。

それが気持ち悪くて食事を摂るのも嫌になるくらい。…でも、食べますけどね?

 

歯医者さん曰く1,2か月後にこの歯茎のポケットが埋まってくるというので

それまで我慢していました。

 

ですが、いつまでたってもこの親知らずを抜いた後穴が埋まりません。

 

こんなに穴に食べかすがつまるくらいなら歯周病になってしまいそうだから

抜かなきゃよかった!!と強く後悔しました。

 

毎食後、口をすすぐたび、たくさんの食べかすがでてくるんです。

ごはんつぶ2つとか平気で入るくらいの穴なので、それはもうイライラします。

 

すすいだだけでうまく取れない場合もあります。

ただ、歯に食べかすが詰まるのとは違い穴に入り込んでしまうので

取ることが厳しい。

 

歯茎のポケットが元に戻った期間

 

この状態がだいたい、あれ?知らないうちに埋まってる!!と思ったのが

 

約10ヶ月以降です。

3ヶ月で埋まりませんでした。

それまでかなり嫌な気分が続きました。

 

年齢が年齢なので(アラフォー)治りが悪かったのかもしれませんが、

こういったこともあります。

 

ただ、不安になっているふさがらない!!と思っている方!!

抜いた後の穴がいつか必ずふさがりますので安心してください。

 

プライバシーポリシー